身元保証 入居支援 相続・遺言 成年後見 葬送支援

司法書士・行政書士・専門相談員、協力先事業者(弁護士・介護事業者)

協会認定 上級身元保証相談士
MENU

047-704-8500

受付時間:平日土曜9時00分~20時00分

運営協力

信託契約代理店:株式会社オーシャン(関東財務局138号)
財産管理監督 :一般社団法人 あんしん財産管理支援機構

成年後見制度

市川の皆さま、ここでは成年後見制度について、ご説明いたします。

成年後見制度」とは、認知症や精神上の障がい等の理由により判断能力が不十分になった方の保護や支援を行うための制度であり、申立てをすることで家庭裁判所が後見人を選任します。判断能力が不十分になった状態ですと、ご自身で財産管理を行うことはもちろんのこと、さまざまな契約の締結や手続きを行うのは困難だといえます。そのような場合に支援する立場の人を選任できるのが成年後見制度です。
ご高齢者の方の生活において成年後見制度がどのようなケースに利用されているのか、例をもとに確認していきましょう。

ケース1:認知症の方が相続人になった

遺言書のない相続が発生した場合、相続人全員で遺産分割協議を行うことになります。しかしながら判断能力が十分だとはいえない認知症の方が相続人になった場合、その方は相続人として遺産分割協議に参加することはできず、相続手続きが進められなくなってしまいます。そのような事態を回避するために、成年後見制度において選任された法的権利を有する後見人等がご本人に代わり遺産分割協議に参加します。

ケース2:認知症の方が施設入居を検討

ケガや病気などにより身体が不自由になるなど、ひとりで生活するのが困難な際に、老人ホームや介護施設等への入居を検討される方もいらっしゃるかと思います。しかしながら認知症を患っている場合には、施設を探すこと自体が困難です。また、入居金が不足していた場合にはどのような方法で資金を準備するのか判断しなければならないため、これらのことをご本人に代わって行える後見人等の存在が必要になります。

認知症はいつ何時発症してもおかしくない症状のひとつです。ご家族やご親族など、身近に頼れる方がいるようであれば別ですが、それらの方には迷惑をかけたくない、身寄りがいない場合には元気なうちに、万が一の備えをしておくことが重要です。

相続・遺言に関する無料相談実施中!

047-704-8500

相続・遺言に関する無料相談実施中!

047-704-8500

営業時間:平日土曜9時00分~20時00分

上級身元保証相談士

当協会には上級身元保証相談士が在籍しております。

身元保証相談士とは、身元保証相談士協会が確立した身元保証の仕組みを学び、身元保証を行ううえで必要な法律、介護、葬儀等の知識や能力を有する人を認定した、民間の資格です。