身元保証 入居支援 相続・遺言 成年後見 葬送支援

司法書士・行政書士・専門相談員、協力先事業者(弁護士・介護事業者)

協会認定 上級身元保証相談士
MENU

047-704-8500

受付時間:平日土曜9時00分~20時00分

運営協力

信託契約代理店:株式会社オーシャン(関東財務局138号)
財産管理監督 :一般社団法人 あんしん財産管理支援機構

施設入居時の身元保証について

老人ホームや介護施設、高齢者向け住宅などの入居時にはほとんどの場合、身元保証人を用意する必要があります。その際に身元保証人となった方が担う役割としましては、主に以下の6つが挙げられます。

1:施設入居や移転・入院時の手続き

高齢者施設等への入居や移転はもちろんのこと、病院へ入院する際も身元保証人はご本人とともに注意事項を伺い、身元保証人欄などに署名をします。
また、ご本人が体調不良などにより手続きができない場合には代理としてそれらを行います。

2:ケアプランの確認・同意

高齢者施設等へ入居する場合、ケアマネージャーとケアプラン(主治医の往診をどのような時にしてもらうか、リハビリの内容をどうするかなどの方針)を決定することになります。
その際に身元保証人はご本人とともにケアプランの内容を確認し、ご家族の代わりに同意欄へ署名をします。

3:連帯保証人(金銭的な保証について)

高齢者施設へ入居している状況での費用滞納等の備えとして必要になるのが連帯保証人です。
身元保証人はこのような場合にも連帯保証人として、ご本人の債務を負う立場にあります。

4:日常生活における支援

入居者同士のトラブル等を防止するために、ほとんどの高齢者施設が高額な金銭の持ち込みを禁止しています。
身元保証人はご本人にお願いされた現金の受け渡しや定期的な連絡、体調の確認など、日常生活における支援も行います。

5:緊急時のかけ付け

高齢者施設等へ入居するにあたり、身元保証人は緊急連絡先として記載される場合がほとんどです。
ご本人の容態が入居中や入院中に急変したなどの緊急時には、かけ付けを行います。

6:ご遺体や遺品の引き取り、葬儀・供養の執行

ご本人がお亡くなりになった際は医師とともに死亡確認を行うだけでなく、身元の引き受けや葬儀・供養の手配、入居していた施設・住宅の部屋の片づけ、医療費の精算などにも対応します。

このように高齢者施設等へ入居する際に用意する必要のある身元保証人は、さまざまな役割を担うことになる存在です。
家族のように寄り添う”をモットーとしている一般社団法人いきいきライフ協会市川®では、お客様が安心して日常生活を送れるよう、親身になってサポートさせていただいております。

また、一般社団法人いきいきライフ協会市川®では身元保証人や行う業務内容について詳しくお伝えする「無料相談会」を開催しておりますので、仕組が複雑でわからないという方はもちろんのこと、介護事業者の方もぜひお気軽にご相談ください。市川の皆さまからのお問合せ、心よりお待ちしております。

相続・遺言に関する無料相談実施中!

047-704-8500

相続・遺言に関する無料相談実施中!

047-704-8500

営業時間:平日土曜9時00分~20時00分

上級身元保証相談士

当協会には上級身元保証相談士が在籍しております。

身元保証相談士とは、身元保証相談士協会が確立した身元保証の仕組みを学び、身元保証を行ううえで必要な法律、介護、葬儀等の知識や能力を有する人を認定した、民間の資格です。