身元保証 入居支援 相続・遺言 成年後見 葬送支援

司法書士・行政書士・専門相談員、協力先事業者(弁護士・介護事業者)

協会認定 上級身元保証相談士
MENU

047-704-8500

受付時間:平日土曜9時00分~20時00分

運営協力

信託契約代理店:株式会社オーシャン(関東財務局138号)
財産管理監督 :一般社団法人 あんしん財産管理支援機構

身元保証と医療同意

一般社団法人いきいきライフ協会®市川では身元保証人がお客様の終末期等の立ち合いを行ってきました。
本人以外の第三者による医療行為の同意について、法律上明確な定めがなく、本人の意思を聞くことが困難な場合には家族がその立場を担うことが一般的でした。

しかし、身元保証人が依頼される方の多くは身近に家族がいる方ではありません。
身元保証人には家族代行のような業務も行いますが、あくまで第三者による医療行為の同意に関しては勝手な判断を行うことはできません。

そのため、一般社団法人いきいきライフ協会®市川では事前準備として、身元保証の契約前に医療行為に関する本人の希望を確認し、「医療・介護に関するいざという時の意思表示宣言」を公正証書で作成しています。

身元保証人としてそのような場面に立ち会った際、事前に確認した本人の意思に沿って医療行為をおこなってもらうよう医師に伝えさせていただきます。

意思表示宣言書の内容について

医療・介護に関するいざという時の意思表示宣言」の作成において、身元保証をご希望される方には本人の意向を細かく伺うために「いざという時の意思表示 チェック表」をご確認いただいております。

上記のチェック表の主な内容は延命治療の方向性となります。
呼吸状態が悪化した場合に気管内挿管を希望するか、食事がとれなくなった時に胃ろうの増設を希望するか等、医療現場で判断を要する場合を想定し、細かな内容まで伺わせていただきます。

身元保証の契約時までに将来的な判断を定めることに抵抗がある方もいらっしゃるかと思いますが、延命治療に関しては個人より希望が大きく異なるため、一般社団法人いきいきライフ協会®市川でも勝手に判断することは本人の尊厳を守るためにも出来ません。そのため、身元保証の契約前に公正証書として準備させていただきことを皆さまにご理解お願いしております。

尊厳死協会の会員証と身元保証

身元保証をご希望される方の中に、日本尊厳死協会の会員となり、万が一の際に延命措置を希望しないという意思表示をされる方もいらっしゃいます。
日本尊厳死協会では協会が発行する「会員証」を会員が所持することで、本人の意思表示が行えない場合にはこのカードによって終末期医療の方針を明示する仕組みとなります。

家族や親族等の身近に頼る方がいらっしゃる方にとっては「会員証」による意思表示は意義のあるものでしょう。
しかし、身元保証を希望される方の多くは家族を頼ることが難しい方々となります。
「会員証」には具体的な治療方法の希望に関して記載されていないため、仮に「会員証」が存在しても、医師として具体的な医療措置について身元保証人に判断や同意を求めます。

一般社団法人いきいきライフ協会®市川では、死に関することを私共が判断することは適切ではないと考えております。
また、ご家族や、ご本人の死後に判断が誤っていたと主張された際には、対応しかねてしまいます。

日本尊厳死協会に入会されている方から、「医療・介護に関するいざという時の意思表示宣言」は必要ないというご意見を頂きますが、内容や取扱についても違いがあるため必ず作成頂いております。

一般社団法人いきいきライフ協会®市川では身元保証の仕組みに関して市川の皆さまに分かりやすくご説明できるよう個別の無料相談会を実施しています。
身元保証を含め、介護等にも精通して専門家が市川の皆さまのお悩みに沿って、お話させていただきますので、お気軽にお問合せ下さい。

相続・遺言に関する無料相談実施中!

047-704-8500

相続・遺言に関する無料相談実施中!

047-704-8500

営業時間:平日土曜9時00分~20時00分

上級身元保証相談士

当協会には上級身元保証相談士が在籍しております。

身元保証相談士とは、身元保証相談士協会が確立した身元保証の仕組みを学び、身元保証を行ううえで必要な法律、介護、葬儀等の知識や能力を有する人を認定した、民間の資格です。